Off The Rock!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015年6月対馬遠征2

対馬遠征2日目 

昨日の修行とはうって変わって無風・晴天。ナギはやっぱ気持ちいいな~。

 

さて今日の反応を確認するのにまずはジグを落っことす。

 

すっかり忘れていたが今回は色々検証する釣りだった。。。。

 

まずはジグ。


安ロジの代名詞であるペナジグを中心に、ここぞというアピールが欲しい場所ではプレートジャーカー、さらに小ベイトを捕食していると予想されるマダイ根こそぎ用にタングステン+小鯛針の可動域アップ仕様のフックで挑む。



プレートジャーカーはイカっぽい動きのイメージかな。マハタ欲しい場面で投入してみよう。漁師もアオリの泳がせでマハタ狙うし。

 

上の写真一番下のタングステンは激闘TGエッジだったがシルエットで期待するもあまり食わない、、、。

比重の分だけ落ちるのも早いし、底付近でユラユラアピールが出てないように感じた。もうちっと潮の流れが強い時に使うといいのかも。

スロジはシルエットよりもやはり動きでリアクションさせる要素のほうが強い。
 
上対馬は水深75-90m位がほとんどなので、130gのカプリスと175gのペナジグ2を柱に、水深・風・潮の流れかたに合わせて展開して行きます。

カプリスはスローでややショートピッチ気味に上げてくると青物が多く当たり、ペナジグ2はしゃくりあげてフォールに特化させるとレンコ―マダイ―ヒラアジ系が良く当たる。
 

一方テンヤはスロジの展開の早い釣りに慣れてしまうとこの水深ではどうしても手返しで差がついてしまう。


細かいアタリをとらえてビシッ!とかけていくのは他の釣りにはない楽しさがあるんでテンヤでも釣りたいんだけど、、、、。


テンヤとタイラバを比べると、ボトムまでの速度が速く、かつリーダーも太めで行けるのでこっちも手返しでは負ける。

まあこのスロジとタイラバとテンヤ全て使い分けていけば対馬なんかだと楽しい一日になります。どれも手軽だし道具も少なくて済むし。

 

この日は前日よりもアタリは多いが、やはり大型の真鯛は少ない。そんな中最後にマハタ欲しい、、と思ってプレートジャーカーに変えてイカがボトムをフラフラ漂っているイメージで流す↓


するとドスーンと重いアタリ!この重さはもしかして狙い通り!と期待しながら巻き続けると、、、、、ようやくマハタゲット~!


しかし今日の見せ場はマハタではなかった。マハタ4-5㎏はここ上対馬では狙えば日に3-4本上がるし、それ以上のサイズも多い。

もはや美味しいもの捕獲班となった我々にとって、マハタ以上に欲しいあの魚がいる、、それは『アマダイ』。しかもここでは2㎏級の超良型が狙える。

今回友人がタイラバ巻いているときに『なんかもにょもにょしたアタリがある~』というのでどうせグーフーかなんかか?と思っていると上げたらなんと良型のアマダイ。



しかも同じような場所で2レンチャン。

正直超うらやましい。同船していた他の二人のお客さんもえび付きタイラバでおんなじタイミングで釣ったので、ポイントにあたればタイラバ系は食うのか、、、、。
なぜそこでジグは食わなかったんだろう。

フォール主体ではなく別の動きに反応するんだろうか。次回はアマが食いそうなジグを色々仕入れてやってみるしかないな。。。
終わってみればこんな感じでオカズ大漁。


それでも食いのいいときに比べれば全然という印象です。

やっぱり対馬は魚が多いね。
 

 
スポンサーサイト
  1. 2015/06/16(火) 08:22:39|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。