Off The Rock!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2016年1月対馬スロージギング新春大爆釣(Day3)

そして3日目スタート 

もうすでに2日目だけでお土産は確保できているが、さらに欲張って10㎏ブリ・アマ・タカバ・サワラが欲しい!

 

この日は前日に比べると鳥は少ないが、またしても出だしから釣れる釣れる!


 

前日同様次々曲がる竿




 

よし俺にも!とアタリきて上げると
 



??なんか2重になってる
 
ああ~悲しきレンコダブル。

 

ジギングだけだと飽きるので、途中テンヤとか落とし込み(サビキつけて小魚くったら底まで落っことすやつ)とかやるも、圧倒的にジグに食う。

テンヤも全然釣れるけど、着底が遅いのとレンコ率が上がるような気がする。
 
しかし、落とし込みはやテンヤはもちろん両方とも餌なのに圧倒的にジグが強い!!
 


魚よ!なぜ餌を食わず鉛を食べようとするのだ!!
 
いやーほんとにスロージギングは釣りを変えてしまったね。

ほとんどの魚は釣れてしまうし、疲れない!
 
対馬の船長も昔はしんどいとか言ってほとんどジギングやらなかったのに、いまではスロジばっかだもんね、、、、。
 
とそんな爆釣の中自分は船に酔ってしまう。しかもいい凪になってきたのに、、、何故だ?
 
理由はこれです↓




 
実は前日確保してもらっていた12㎏ブリと持ち込んだカニで新年会をし、あまりのブリのうまさに食べ過ぎて胃がもたれまくっていた、、、、。
 
しかも元日から扁桃炎で、しばらく控えていた久しぶりのビールだったんであまりの食事の満足度に感動してガッツきすぎたのです(アホ)
 
だって超おいしいんだもん。。。

冬の対馬ブリは8㎏でもおいしいけど、10㎏超えたら全く次元が違うね。ブリしゃぶ最高!
 

さらに釣れた真鯛をイケスに入れる際、プライヤーごとイケスに落とし、それを拾うのに顔突っ込んで苦闘してたら余計気持ち悪くなってしまった、、、、、。

 
南氷洋でも酔わなかったのにこんなベタ凪爆釣中で船酔いとは。。。
 
とりあえず少し休憩して復活!その後はちゃんと釣りましたよ~。

ヒ~重い~

青いのが見えてきた(オマツリ中、、)

じゃ~ん。8kgくらい。

PE1.2号ではなかなかキツイ&しかも竿はデストロイヤー(改)

ここまで海の魚を釣ることになったバスロッドもなかなかないだろう。。。

しかし今回2回もブレイクされてしまったので反省。おそらく10kgブリかな?

もったいないので 次からメインは2号にします。
 
この時期ほんとにブリは丸いね。

 

青物はイケスに放り込み、その他は片っ端からカギ締め&血抜きをしていったらズボンドロドロ。
 



というわけでこんな感じで新年一発目は大爆釣でした。

次回は3月です。3月になると、いつものスロジの他にアオリ&メバルが面白くなる。

ヒラスズキも割とイージーに釣れる時期だし。
 
あと魚じゃないけど、このみかん今まで食べた中で一番美味しいと思いました。

つい箱買いしてしまった。対馬の南端、豆酘(つつ)みかん。



とっても美味しいです。オススメ。


 
スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 10:00:26|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

2016年1月対馬スロージギング新春大爆釣(Day 2)

2日目 

波はまだ1.5m程度残っているが、だんだんと落ちてくる予報。
 
船長もイワシが多いみたいよ~と言っており、実際沖に出てみるとやはり鳥山フィーバー状態!! 

カモメはもちろん、通常上空にいるトンビが沖磯の上を歩いており、どうやら磯際で青物に追われて打ち上げられたイワシを捕食している様子!!

 

これは今日はもらったな~とか考えているとすぐにポイント到着、こっちはまだガイドに糸通してないのだが(焦)、パラ入れて船が立つ前からジグ投入していく同行者たちの竿が次々とシナりまくる!!

 



みんな一投目でヒットですよ!

やばーい出遅れた!

ポイント着いた最初は重いジグをなるべく遠くに投げて素早く着底アンドナナメ引きでジグを見せる距離を長くとるのが人より多く釣る秘訣ですよ、、とかウンチクたれようと思ってたのに! 

気を取り直してアスナロⅢを落とすとすぐにヒット、周りはブリ・マダイだったけどなぜか自分にはキントキでした。 



キントキってポイントつけた最初に食ってくることが多い。 

ちなみに対馬ではキンメと呼ばれています。

真っ赤なのがヌル~っと上がってくる瞬間見ると得した気になるのは何故だろう?

 福岡の凪男はマダイ6㎏ 



東京からの友人はいきなりブリ8㎏

 

イワシフィーバーからの期待通り、その後も次々ヒットが続く。

みんな対馬常連なので、飛ばしまくりです。 

ジグは高くても安くても、、、正直ちゃんとイメージして動かすことができれば価格は関係ない。

魚には価格は関係ないからね。

カプリスでも


ペナジグでも



ワラサ~マダイ~ヒラゴ~ヒラアジそしてレンコは入れ食い。

イグローMAXCOLD(165L!)も午前中で既にこの通り。 



でもその上位にいるお魚セレブクラスのアマダイ・タカバ・サワラ達はなかなかヒットしてくれない。やっぱりセレブは安売りせんな~。 

それでも十分すぎるくらい釣ってるけど、、、、3日目に続きます。。 

タカバはかろうじて凪男にあたる。


  1. 2016/01/21(木) 07:00:00|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

2016年1月対馬スロージギング新春大爆釣(Day1)

新年あけましておめでとうございます。 

2015年は(勝手に)対馬スロジイヤーの幕開けだったので、今年はさらに幅を持たせて飛躍的な上対馬スロージギング体制を構築したいと思います。

 

年末は急遽1日だけ入れた釣行だったので、もともと1月の成人の日連休でゆっくり行く予定でした。
 


今回は東京・福岡から常連の対馬仲間と同行。

例年1月からは北西パターンになり、船はダメでも磯があるので天気はあまり気にせず行ける。 

これが秋の北東だとやれる磯が少ないうえにウネリも太くなるのでダメなことが多い。

しかも対馬は北西側に朝鮮半島があるので、北西風だとあまりうねらず10m位吹いても船が出せます。

磯のヒラスズキなら12mくらいが一番サラシができていいかも。

クロ(グレ)にとってもベストシーズンになるため、磯釣り師も活気づきますね。

さて初日、この日は有給とって優雅に飛行機で対馬イン。

上空から見てて福岡近辺に差し掛かるとかなり吹いているようで、海面は白波が立ってる。

この日は軽めに夕方だけ磯に行こうと思っていたのでこれは好都合。

ところが空港でレンタカー借りて上まで北上し、着替えていざ磯に出てみると、、、、波が小さい。。。サラシも薄い。。WHY!?



移動してる間に凪いできてしまった。

初日は福岡の友人と二人だけ。こいつと一緒だとなぜかナギになる傾向が多い。

その凪男パワーは船にはいいけどね。

一人で行くときはシケすぎてフェリー欠航とか何度もあるんですが・・・・。

それでも一応実績地磯ポイントを打ってみるがノーバイト。 

磯は磯で面白いんだけどね~まあ風呂入ってゆっくりしよう。

魚のない日はとんちゃん焼きします。


(上対馬とんちゃん→B-1グランブリ2012年2位!)

 

沖には結構鳥が飛んでいたので明日のスロジに期待だな。

 
夜には東京からの友人と合流してすぐに就寝。
  1. 2016/01/20(水) 12:52:13|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

2015年12月対馬スロージギング(年末仕入れ遠征)

12月は年末にオカズ確保のため1日だけの一発勝負で釣行。

場所は外房、、じゃなくてもちろん上対馬です(東京在住。。。。)

ところが前日冷凍庫内で作業があり、その直後背筋をピキー!と痛めてしまう。

完全なる運動不足以外の何物でもないのだが、痛めた直後は息吸うのもしんどいくらい。。。

しかも予報は大シケ、どうするよ!?

翌朝起きるとなんとか釣り出来そうなくらいまで痛みが引いてるので、ロキソニンでチラシながら船長に電話する。すると、「いや~シケで厳しかろう~」とのこと。。。

かなりテンションは下がってしまい、寒いし背中痛いしやめよっかなぁ~と思ってたけどこの時期しか味わえない脂の乗った寒ブリゲットのため出陣。

船出せなかったら磯でスズキ釣ってブリとブツブツ交換しようと画策(磯に行かない漁師にとってヒラスズキはあまり食べることが出来ない魚らしい)。。。。

羽田ー福岡ー比田勝と飛行機&フェリーを乗り継いで早朝着いてみると、、風が止んでる。

嘘みたいに無風。

これなら行けそうと明るくなるまで待ってからゆっくり沖に出ると、ベッタベタの凪!おお~これは日頃の行いが良いせいかな?



すぐさまジグを落っことすといきなりヒット!5ー6kgくらいのワラサクラス。

船長は最近ジグで12kg釣ってるのでこれは期待持てる。

ブリは8kg越えると脂の質が違ってきて旨い!

しかも養殖のギトギトの脂でなく、全然しつこくないのですごく美味しいと思います。

さらに2投目でも3kgくらいの良型のマダイ!



ここまで長いジグだったのですぐさまスローに変える。

するとドスン!とジグが動かなくなり根掛かりかな?と思うもズルズルとラインを引き出す感触が。。

PE1.2号なので恐る恐るジワジワ底から引っぺがすとなんと良型のマハタ!!



帰ってから測ったら7kg超えてた。嬉しい!

ここまでで5投くらいなので、このペースで釣れ続けたらカラダ持たんぞ~と思ってたけどすぐに潮替わりで当たらなくなる。。。

マダイを3つくらいあげたところで船中が先日ブリを仕留めた沖まで走る。

サワラとヒラスがポツポツあたってくる。

そのあとオオブリ狙いで粘ったけど、結局出ずじまいだった。



外道扱いされるレンコ・ヒラアジは絶え間なくあたってきたけど。





なんだかんだでいろいろ釣れたのでかなり満足した。

僕の美味しいヒラアジ食べないで下さい!



やっぱりブリはイカ餌の方が圧倒的に強い。

特に10kg超えるサイズだとますますその傾向にあるので不思議です。

終わってみれば十分オカズ確保に成功!良い年を迎えられました。

前回船長は同じポイントでアカムツを上げているので、アカムツ開拓を2016年の課題にしたいですね。。。

対馬アカムツは個人的な魚ランキング1位のアマダイを越えるのか!?

しかしサワラはうまい。身が割れやすいので扱いを丁寧にしないとだけど、これもいい魚だ。

最近でかい冷蔵庫とフードシーラー買ったので、大量の魚も余裕でストックできるようになった。



魚ライフ万歳!!
  1. 2016/01/14(木) 11:53:51|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

2015年11月対馬遠征(オヤジの遠足)

しばらく放置ですいません。

11月も12月も一応対馬に行ってます。

11月は学生時代からの友人と福岡の連れと東京の釣り仲間、さらによく対馬で会う磯マニアの人達など行きのフェリーで勢揃い状態。



日本最後の釣りフロンティア、上対馬に向かうオヤジ達

完全にオヤジ達の遠足ですな。

直前には船長がイカの泳がせで38kgのタカバ(マハタ)を上げるなど、オヤジ達のテンションはマックス状態!





日頃赤子の世話や仕事で擦り切れた毎日を過ごす現実を忘れ、釣り人の楽園対馬で美味しい魚入れ食いを目指します。

昔はこのメンバーで行くと朝起きてこないくせに、結婚して遠征できる機会が減ったため朝の暗いうちから張り切って準備をするオヤジ達↓



でも結果から言うと11月は渋かった。

一応秋真っ盛りで青物はじめマダイなどかなり期待していたが、冬の方が釣れるな~という印象。

まあ毎年この時期期待して行ってるけど年末の方が釣果が良いことの方が多い。

磯だと春先が一番いいかな。対馬は暖流でかなり水温高いので、ある程度寒くなったあとのがいいのかもね。

さらに釣り3日間のうち初日以外はかなりのシケ。

いつもの船よりふた回りほど大きいので出船したが、潮波の中では結構な揺れだった。

こうなってくると揺れる中写真を撮るのが面倒くさい!



釣果は初日船中15枚くらいマダイ、他美味しい外道。



2日目と3日目はマダイも渋くたまに青物と根魚という感じ。いつもの対馬にしては渋すぎ~。



収穫は新たに行ったポイントで、数年前まで漁師が本アラ(クエ)狙いでよく流していたポイントを打てたこと。

今回そこでは6kg程度のワラサとマダイしか釣れていないが、スローでのポテンシャルを多いに感じた場所だった。

ただモノスゴイ潮流のため潮波がきつく、凪じゃないとうまく攻められないな、、、、。

次回凪いだら本アラ狙いのスロジ確定。

一発三重県代表ゴリオ君に良いのきたけど、、、まさかのドラグフルロックでブレイク、、、引きの感触から見てタカバ間違いなし。あーあもったいない。



↑満面の笑み(笑)→このあと宿での飲み会で散々バカにされる。。。。



ハガツオの刺身は美味しいね。なんというかクリーミーな感じ。
  1. 2016/01/08(金) 12:30:59|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。