Off The Rock!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015年9月対馬スロージギング&テンヤ遠征2

さて2日目開始。
この日も凪で気持ちいい。
2日目は別の船で西海岸から出船。

今回新たに導入するレバーブレーキを試すぜ!
実は前日既に使っていたのだが、テンヤ回収中にヒットしたヒラスにレバーブレーキで対応しようとしたけど全く感覚がつかめなくて難義しました、、、。

どっちかというとフォール中の当たりを正確にとるために導入したので、やり取りは慣れるまでドラグを使うか、、、。


というわけで早速ヒット!


自らタモいれ


じゃーん   3kgくらい

レバーブレーキ良い点:
色々な動作を右手一本でできるのはやはり良い

微妙な点:
フォールの時スプールが逆転して糸が出るのだが、その時にハンドルも当然逆転する。

ハンドルが上方向と下方向で回転速度が違う(下方向の方が遠心力がかかって速度が速い)ため、フォールスピードがぶれるのがイマイチかな。

あとヴァンキッシュに比べてドラグ性能が全然違う(しかたないけど)。
さらに単純に重い。

今の段階だとやはりヴァンキッシュの方が使い勝手がいいが、もう少し慣れたら違ってくるかも。

前日は瀬を打ってマダイが出なかったが、ゆるいカケアガリをパラで流していくとポツポツ拾える。

今度はエビラバの別のお客さんには両型アマがヒットしていたのだが、ジグとテンヤでは今回もヒットならず、、、、。
タイラバ系の方がアマにはいいのかね。

それでもマダイ・レンコ・アカイサキ・ヒラスと一通り釣ったので満足。




船長と常連のお客さんは帰った後イサキ狙いの夜釣りに行くという、、、。
自分は出張続きで疲れていたので行かなかったが、ここに来るといつも無限の体力が欲しいと思うな。

翌朝起きてみると枕元にプレゼントならぬクーラーにイサキとヤリイカが!


船長ありがとう~これで家に帰っても魚が楽しめます。

マダイは前回8末の時の方が多かった印象。

今回は初日のマハタ祭りが良かったね。

アマにフォール重視のジグはさほど効かないような気がする。

いいジグを探さないと。


今回も持ち帰りは1魚種1匹だったが、マハタ・真鯛・ヒラス・オキメバル・キントキ・アカイサキ・レンコ・マトウダイ・イサキ・ヤリイカ・アラカブで計11種でした。さばくのに半日以上かかった。。。

美味しいもの探究は終わりそうもありません。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/27(日) 11:10:35|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

2015年9月対馬スロージギング&テンヤ遠征

シルバーウイーク到来。

5連休ってすごいよね。
金曜のごった返す羽田-福岡と経由して上対馬へGO!

この分では対馬にも観光の波が、、、と思ったけど帰省の人以外はおらず、相変わらず釜山からの韓国のお客さんばかり、、、、。
日本人も対馬にきてください!

さて連休前まではシケ続きだったが釣り2日の間は順調に凪ぐ予報。


初日は船長のお義父さんとその友人の方と我々で出撃。
ゆるめに午前中だけで行こうとのことでいざ沖へ。

ゆるゆるスロジだが対馬は魚がゆるくない!
船長のお義父さんはサバ切り身でマハタ交じりでアラカブ入れ食い、しかもそのサイズが凄い!!

これが対馬アラカブ(2㎏オーバー)


スロジ班にもチカメ・ヒラス・マハタ・アラカブ・マトウダイと飽きることなく続く。



何故だがテンヤに切り替えてもマダイが喰わなかったのが不思議だったくらい。

今回はしかしマハタが多かった~。


『マハタは餌を見ている』といつも船長と話になる。

マハタは100㎏くらいまで成長する魚で、この対馬の海にも上がる上がらないは別として間違いなくとんでもないヤツはいる。

漁師の活イカの仕掛けには25㎏オーバーもたびたびかかり、実際今回我々が攻めたポイントも次の日に26㎏が上がった。

ヒット率で言うとサバの切り身が一番で、インチク・スローに歩がある日もある。
ただこの釣り方だと3-5㎏くらいがアベレージになり、10㎏を超すような大型はほとんど来ない。

船長もヒラス狙いのジギングで食ってきた11kgのマハタを上げた以外だと、20㎏越えの大型のマハタは全部イカの仕掛けのみ。
スローだとやはり3-5㎏がほとんど(これはこれですごいことだけど)。

その中でイカっぽい感じが出せるプレートジャーカーは上対馬では特にマハタに効く気がする。今回も4本ジグであげたうち3本はプレートジャーカーだった。




初日はマハタ+アラカブだったので、2日目はマダイ+アマダイが欲しいね。。。
2日目に続く。

マハタを神経じめで忙しい船長

  1. 2015/09/27(日) 10:54:17|
  2. 釣行

一つテンヤマスターへの道~レバーブレーキ

連休、ということで対馬へ。

今回これを使いこなして一つテンヤのレベルをアップさせたい。


あとアマダイもね。
  1. 2015/09/19(土) 09:53:45|
  2. 釣り道具
  3. | コメント:0

2015年8月対馬遠征2

そして午後の部開始。

前日フェリーであまり寝ておらず、ポイント着くまでにあまりの眠さからダウンしてしまう。

しかし午後になって真鯛がスイッチ入っているようで、船長のドラグ音がうるさくすぐに起こされて釣り再開!

テンヤにガンガン食い出し、5投連続で着底前のフォールで食ってきた。鯛のヤル気がマンマンなのが伝わってくる。


この時テンヤってやっぱり面白いなあ~と再認識。
できるだけゆっくりフォールさせて一瞬のアタリをバチーンと掛ける感じがタマらない!

良かったパターンは着底30mくらい前までフリーフォール、30m切ってきたらリールのベールを返さないまま竿をしゃくって糸を出し、竿を立てたまま中指で糸を押さえ、竿を水面まで下げながらゆっくり落とす方法。
当たったら左手でベール返して一気に合わせる(わかりにくい)。

このやり方はフォール主体のテンヤ釣りには効く。
もっと進化させるために一連の動作を右手一本で出来るんじゃないかと思って今回の釣行の後レバーブレーキタイプのリールを買ってみた。

前からレバーブレーキは気にはなっていたが、テンヤ釣りをさらにレベルアップさせるために挑戦してみよう。
レバーブレーキによるやりとりでファイト時間も短縮できるかもしれない。

途中こんなのも。



テンヤでイメージ通りに何枚か真鯛が釣れたので、魅惑のアマダイとマハタを狙ってスロジを再開。

この日はなぜか根魚が少なく、どちらかというとマダイ➕ヒラスという感じ。
一瞬テンヤでこれは10kgマダイか!?というアタリあるもすぐにギュイーンと走り出してヒラスと判明。



0.8号でヒラスを80mから上げてくるのはキツイぜ、、。



見よう見まねでステップジャークとかやってみたけど、アマダイマハタは金星ならずでした。




夕方には言われていたように底潮がカッ飛び出し、テンヤはお手上げ、ジグも動かしにくくなった。夏は二枚潮が強烈だそうな。

それでもやはり上対馬は釣れる。
結局終わってみれば一人でマダイ2-4kg 9枚、ヤズヒラス3-4kg 4本、レンコアカイサキ多数という結果でした。これでまずまずというところ。

次回は9月SW連休だな。

苦手なタイラバでも一応釣りました(真鯛も)。イカメタルはどうやら半月くらい遅かったみたい。

  1. 2015/09/17(木) 19:53:43|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

2015年8月対馬遠征1

8月の対馬は初めてだったりする。
磯のヒラスズキで通っていたので、寒い時期にしか来ることがなかったから。

スロー系は季節を選ばなくても色々やれるのがいいね。
シケたら出られないがそうなったら磯というチョイスがある。
スパイクブーツはもちろん対馬に常駐。

さて今回は週末で土曜だけの釣行。
日曜は散々置きっ放しにしている磯やらジギングの道具をいったん整理しようと思って釣りはしない。

アマダイに効くジグを探すのも課題(大半安ジグだけど)



例のごとく博多から金曜のフェリーで翌朝4時過ぎに到着。
宿に着いて準備をして6時半ごろ出船。

沖に見えるヒラスズキの聖地



やはり上対馬もクロ(メジナ)釣りのお客さんが多く、冬がシーズンであるために夏は釣り人は少ない。

代わりに今は韓国からの石鯛釣り師が多いね、、、。チェジュ島より対馬の方が良いといってました。

韓国の釣り師が上げていた石鯛。


というわけで船は船長とその義理の弟さん、それと自分1人の3人だけで出船。

80mラインをパラで流しながら釣り開始。今回はスロジから。
大抵の場合一流し目でジグを落としてすぐに反応があるが、1投目、2投目、3投目、、、としばらく反応なし。

ならばとすかさずテンヤ15号にチェンジして真鯛を狙う。
するとすぐにアタリ。

2ー3kgかな。

事前情報ではかなり潮が早くテンヤタイラバ系はしんどいだろうとのことだったが、それほどでもない。

テンヤの感覚が掴めてきたのですぐに12号にチェンジし、ポツポツ真鯛のアタリを拾って行く。


真鯛を数枚釣ったところで再度ジグに変更。
水温のせいか寒い時期には混ざらないアカイサキがよく食ってくる。


ジグはもちろんペナジグ。

そんな感じでテンヤとジグを気分で変えながら釣っていたが、夏場の高水温のせいで、船のイケスに入れた真鯛がすぐに弱ってしまう。
なもんで次々と〆てクーラーにいれるが、3人で釣って行くと90Lクーラーが午前中で満タンに。


3人で真鯛15枚、その他にレンコ・アカイサキ・青物をそこそこ釣っているので一度宿に戻り魚を下ろして氷を補充することに。





午後の部に続く。
  1. 2015/09/17(木) 19:44:51|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。