Off The Rock!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015年6月対馬遠征3

対馬遠征最終日 

最終日の釣りは朝だけで軽く済ませてダッシュで荷作りを行い、13時のバスに飛び乗るという段取り。

道具はほとんど対馬に置いてくから、サカナ満載のクーラー一個だけ担いでいきます。。。

 

この日の釣りは何故かマトウダイ3連発とか、

 

 

アマダイと比べるとかすんでしまうが、超うれしい(美味しい)イサキがジグを食ったりとか、、、、。

 

初日に友人の高級スロジ竿が予期せぬ事態で折れてしまったため、

こないだ作成したUFMウエダのバスロッドグリップ改造ロッドを貸して、そのファイトシーン。

 

 

 

全然いけるよね。

ただガイド数が少ないかな。この点デストロイヤーはガイド数も多くて使える。

F3クラスを次回はいじくるか。

  

上がったのは4㎏くらいのヤズ(対馬遠征では8㎏超えてこないと大体ヤズ扱いされて周りの反応は冷たいです。。。)

 

 

美味しい食材いっぱい


持ち帰りは1魚種1匹にして、それぞれ寿司にするのが最近のお気に入りです。

あとはサカナスキーの変態どもへ丁寧に梱包して送ってやります。

 

 

ところが家に帰って頭の中で釣りの反省などをしていると、、、、、、

???一つ疑問が。

 

 

NEWソルティガ(ベイト)のドラグってなるんじゃなかったっけ???

そういやヒラスもマハタもドラグ出たけど音鳴ってないよな・・・・・??

ドラグそのものは機能していたが、これは鳴らないもんなのか???

あれ?どっちだろう?

 

 

15ソルティガ10Hの疑問は次回に続きます。。。。

 
 
スポンサーサイト
  1. 2015/06/19(金) 10:18:48|
  2. 釣行
  3. | コメント:2

2015年6月対馬遠征2

対馬遠征2日目 

昨日の修行とはうって変わって無風・晴天。ナギはやっぱ気持ちいいな~。

 

さて今日の反応を確認するのにまずはジグを落っことす。

 

すっかり忘れていたが今回は色々検証する釣りだった。。。。

 

まずはジグ。


安ロジの代名詞であるペナジグを中心に、ここぞというアピールが欲しい場所ではプレートジャーカー、さらに小ベイトを捕食していると予想されるマダイ根こそぎ用にタングステン+小鯛針の可動域アップ仕様のフックで挑む。



プレートジャーカーはイカっぽい動きのイメージかな。マハタ欲しい場面で投入してみよう。漁師もアオリの泳がせでマハタ狙うし。

 

上の写真一番下のタングステンは激闘TGエッジだったがシルエットで期待するもあまり食わない、、、。

比重の分だけ落ちるのも早いし、底付近でユラユラアピールが出てないように感じた。もうちっと潮の流れが強い時に使うといいのかも。

スロジはシルエットよりもやはり動きでリアクションさせる要素のほうが強い。
 
上対馬は水深75-90m位がほとんどなので、130gのカプリスと175gのペナジグ2を柱に、水深・風・潮の流れかたに合わせて展開して行きます。

カプリスはスローでややショートピッチ気味に上げてくると青物が多く当たり、ペナジグ2はしゃくりあげてフォールに特化させるとレンコ―マダイ―ヒラアジ系が良く当たる。
 

一方テンヤはスロジの展開の早い釣りに慣れてしまうとこの水深ではどうしても手返しで差がついてしまう。


細かいアタリをとらえてビシッ!とかけていくのは他の釣りにはない楽しさがあるんでテンヤでも釣りたいんだけど、、、、。


テンヤとタイラバを比べると、ボトムまでの速度が速く、かつリーダーも太めで行けるのでこっちも手返しでは負ける。

まあこのスロジとタイラバとテンヤ全て使い分けていけば対馬なんかだと楽しい一日になります。どれも手軽だし道具も少なくて済むし。

 

この日は前日よりもアタリは多いが、やはり大型の真鯛は少ない。そんな中最後にマハタ欲しい、、と思ってプレートジャーカーに変えてイカがボトムをフラフラ漂っているイメージで流す↓


するとドスーンと重いアタリ!この重さはもしかして狙い通り!と期待しながら巻き続けると、、、、、ようやくマハタゲット~!


しかし今日の見せ場はマハタではなかった。マハタ4-5㎏はここ上対馬では狙えば日に3-4本上がるし、それ以上のサイズも多い。

もはや美味しいもの捕獲班となった我々にとって、マハタ以上に欲しいあの魚がいる、、それは『アマダイ』。しかもここでは2㎏級の超良型が狙える。

今回友人がタイラバ巻いているときに『なんかもにょもにょしたアタリがある~』というのでどうせグーフーかなんかか?と思っていると上げたらなんと良型のアマダイ。



しかも同じような場所で2レンチャン。

正直超うらやましい。同船していた他の二人のお客さんもえび付きタイラバでおんなじタイミングで釣ったので、ポイントにあたればタイラバ系は食うのか、、、、。
なぜそこでジグは食わなかったんだろう。

フォール主体ではなく別の動きに反応するんだろうか。次回はアマが食いそうなジグを色々仕入れてやってみるしかないな。。。
終わってみればこんな感じでオカズ大漁。


それでも食いのいいときに比べれば全然という印象です。

やっぱり対馬は魚が多いね。
 

 
  1. 2015/06/16(火) 08:22:39|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

2015年6月対馬遠征1

ここまでの色々仕込んだネタを抱えていざ対馬へ。今回はテンヤVSタイラバVSスローで果たしてどれが一番釣れるか?を検証する釣りでもある。

自分はスロジ(安ロジ)メインのテンヤを合間に、一緒にいくやつはタイラバメインの時々スロジという具合で。旅の始まりはフェリーで。



平日なので比田勝行きはガラガラ。
朝4時過ぎに到着して5時には宿到着。しかしいきなり雨、、、、。前日までの出張続きでしんどいが、カラダにムチ打って出発。

最初のポイントは80mライン。

船長・友人はタイラバ、そしてタイラバ組は共に一回目の着底でヒット。今日は出だし好調か?



自分のテンヤ15号でスタート。そしてテンヤにもあたり!が乗らない、、、、よく見たらマゴ針がナマリまくってる。。。

マゴ針取り替えて落とすもみんなその後が続かない、、、。

30分くらいですぐさま飽きてスローにチェンジ。。スローに変えると青物・サバ・マダイ、、、、、、午前中でまあまあ当たる。


今回もペナジグ大人気。



スロジやはり強し!こんなのまで。

しかし雨が強くなってきており一時昼飯のため11時で宿に帰還。予報では午後から雨雲は抜けるはずなのでちょっと昼寝し、13時ごろ目を覚ますとまだ降ってる。。。

今日はもう昼でいいかな~と昼寝を続けてると、船長に行くで!と叩き起こされてしまう、、、船長毎日行ってるんじゃないんか?この雨でよくやる気でるな~。

というわけで午後の部開始。スローで相変わらずポツポツ拾っていく感じ。レンコ中心に時折マダイ・ヒラアジ・ヒラスなど。


ヒラアジは美味しいので釣れると嬉しい。



ヒラスかかるとああ~という残念な感じになる。

今回友人がオシアコンクエストを新調してきたから、それが気になる。

タイラバでまともにマダイ釣ったことないので、友人のオシコンをちょっと借りて巻きだすと、、、コツコツコツおお~当たった~。

フッキング決まってゴリゴリ巻く。

タイラバはテンヤよりやや太めでやれるからファイトは楽よね。

上がってきたマダイは今日イチのグッドサイズ。

やった~横取りタックルでゲット~。



おニューのタックルであっさり今日イチサイズを釣られた友人も意地を見せて同サイズ上げる。

おお~やっぱ大型は食うタイミングってあるのかね。
その後は雨も風も強くなり完全に修行状態。

それでも17時過ぎまでみっちりやって終了。肝心のテンヤタイラバスロジ検証は、、、、まじめにやってないので明日に続く、、、。
  1. 2015/06/14(日) 14:00:16|
  2. 釣行
  3. | コメント:0

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。